上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ChicagoCambridge Theatre

CHICAGO
シカゴ


今回は、日本での公演のニュースを受けて、ミュージカル「シカゴ」のご紹介です!!

日本ではすでに2002年の映画でおなじみ。ですが、もっと舞台版のことも知ってもらいたい!! 舞台版のスタイリッシュさを皆さんにも味わってもらいたい!! ということで、見に行ったのはだいぶ前なのですがわざわざご紹介します。

あらすじは、1920年代の米・シカゴで、殺人の罪で刑務所に収容された女性が、あの手この手を使って無実とヴォードヴィル・ショーのスターにのし上がっていくというハチャメチャな話…ですが、これは実は実話をもとにしているそう。

さて、なんといっても見どころは、ボブ・フォッシーのオリジナルを極力再現した、セクシーかつスタイリッシュなダンス!!! この作品はリバイバルですが、振付にフォッシーの愛弟子&元愛人だったアン・ラインキングを迎え、完全にオリジナルを再現しつつ、スタイリッシュさを加えています。

ボブ・フォッシーはもう亡くなっていますが、彼の作品・振り付けは今でも色あせることなく、多くのミュージカルダンサーのあこがれです。彼は舞台・テレビ・映画の3つのフィールドで活躍し、同じ年にそれらを代表する賞、トニー賞、エミー賞、アカデミー賞を受賞するという偉業を成し遂げた人でもあります。有名なのはやはり映画で、「キャバレー」の振り付け・演出でしょうか。

とにかく、セクシーさが売りのフォッシー・ダンス。オリジナルの「シカゴ」では、本物のエロスを舞台に、ということで、セクシーすぎと批判が出たのですが、このリバイバル版では、とってもスタイリッシュに仕上がっています!! なんと言っても、演出がまたスタイリッシュ!! 映画とは全く違い、出演者はオール・黒の衣装。主役二人は囚人なのに黒いミニドレス。そしてコーラスは、囚人からパパラッチ記者、医者など多くの役を使い分けるというのに、黒いスタイリッシュな衣装だけですべての舞台を通します。そして普段はオーケストラピットにいるジャズバンドがなんと舞台上に!! というわけで、こった舞台装置も何にもありません。あるのは椅子だけ。なんとお金がかかってない舞台でしょう。なのにもう10年以上もロングランしている化け物ミュージカルです。

セクシーでスタイリッシュなのは振り付けだけではありません。音楽もその一つ。特に冒頭のヴェルマが歌う「オール・ザット・ジャズ」は、ミュージカル女優のあこがれ。映画「シカゴ」ではロキシーの活躍にスポットが当てられていましたが、「シカゴ」と聞いたら、ミュージカルファンはとにかくヴェルマなのです。ヴェルマの歌う「オール・ザット・ジャズ」なのです!! 振り付けも伴ったその曲のカッコよさはもう…見ていただくしかない!! 私も、10年前のトニー賞のテレビ中継で、そのナンバーだけを見て以来この作品のファンに。

それがこちら! 


オリジナルのヴェルマ役ニューワースと、ロキシーを演じたフォッシーの直弟子ラインキングは最高。ちなみにロキシー役はフォッシーの妻であるグウェン・ヴァードンが初演しました。シカゴ・リバイバルの後も、この妻と愛人の二人はフォッシー作品をともに未来に残そうと協力しています。

ウェストエンドやブロードウェイではたいていキャストは実力俳優が選ばれるのですが、最近のシカゴはロングラン対策のためか、ネームバリューがある人が出演するのも話題のタネとなっています。

主役の二人はたいてい、ロキシーが有名俳優、ヴェルマは実力で選ばれた俳優、と相場が決まっている感じ。ビリー役やママ・モートン役にも著名な俳優が選ばれるときもあります。

しかしこれには実は賛否両論。ネームバリューがあるからと言って実力がともなっているかと言われれば、そうでない時もあるからです。オズボーン一家の娘、ケリー・オズボーンがママ・モートンに選ばれた時は舞台の出来はさんざんとのうわさが流れたものの、(実際カンパニーに入ってる人から聞いた話では、ほんとに最悪だったとか…。)ケイト・モスなどのセレブの交友関係の人たちがこぞって観劇に訪れ、話題づくりには最適でした。

ちなみにちょうど今週で終わるのですが、ママ・モートン役でイギリスの有名オーディション番組、「X Factor」で決勝まで残ったブレンダが出演していました。私は決勝メンバーの中で彼女を応援していたので見たかったのですが…。残念。またでてくれることを期待します。評判は上々でした。

ただいまウェストエンドのChicagoプロダクションは10周年記念中。以前出演した有名人がまた舞台に出たり、なんてことをしているようです。皆さん、ロンドンでなんでもいいから一つミュージカルを見たいと迷っていたら、ぜひこの舞台をお勧めします!!

それでは、日本版プロダクションへの超個人的な意見の独り言や観劇の感想は下からどうぞ~。


↓レビューを見たい人も、見たくない人も、ページ移動の前にクリック!!
人気ブログランキング
私が舞台版シカゴを見たのは9年前、東京で。ちょうど初めてロンドンに旅行する直前でした。初めてシカゴの来日カンパニーが来てその初日を見ました。その時は圧倒されて、かっこいい~~!!という記憶しかないんですが。

2年前に初めてロンドンで見たシカゴの感想は。「? これがフォッシーダンスだっけ?」って感じでした。(最初にあんだけ持ちあげといてなんですが。)

もちろん振り付け自体はかっこいいし、演出ももちろん好き。キャストの歌もよかったのですが…。ダンスだけ。ダンスだけがどうしてもひっかかって…。

これは、私がオリジナル・ブロードウェイキャストのビデオを繰り返し見すぎたせいかもしれない。世界中でベスト・メンバーがそろった初演キャストの踊りと、もう初演から何年もたったロンドンのプロダクションのダンサーでは、やっぱりちょっと質が落ちてるのかしら…とも思っちゃうわけです。

上にアップしたビデオでも見られるように、初演キャストはとっても洗練されていた。でもロンドンキャストは、なんだかこれ見よがしで、けばい踊りというか…。なんだかセクシーさをアピールしすぎて激しかったんです…。それがちょっと心残り。またもう一回見に行って質を見極めたいところです。

さて日本版キャストについて、あれこれ言わせてくださいな。

一番最初に見たニュースは、米倉涼子がロキシー、河村隆一がビリー役に決定したっていうもの。…頭がくらくらしました…。

まず、日本キャストであのシカゴをやるってこと。昔もやってるからいいんですが、昔は昔。私は今、日本であのスタイリッシュなダンスを踊れる人がいるのかってちょっと疑問なんですよね。というのも、ロンドンに来る前に見た数々の日本のミュージカルで、とくにブロードウェイからの輸入物でかなりダンスシーンが変えられているものを見てショックを受けていたのです。(ぶっちゃけゆって、キス○ーケイト。ちなみに映画でフォッシーがちょこっと出演・振り付けしてます。)それ以来ちょっと日本のミュージカル界に疑問が。

しかも劇団四季以外は完全スター制。確かにお客を呼べる有名人は大事だけど、映画やドラマじゃなく、舞台は実力が目の当たりにされる場所。恥をかくのは実力ないのに主役はっちゃう有名人本人なのです。(それがロンドン版でママ・モートンをやったケリー・オズボーンに当たりますね…。)

日本での初演は宝塚出身で実力がある(と聞いている)鳳蘭と麻実れいが主演しました。(この二人はなんだかブロードウェイ版の初演の二人に合うところがあるような気がします…。)再演版、ロキシー役の米倉涼子!! 彼女はまだまし。モダンダンス経験者って聞いてるので。歌がどうなのか知りませんが…。

でもビリーの河村隆一はちょっと、イメージと合わないような…。ブロードウェイ版でも有名歌手が演じているこの役。でも私の中では勝手に草苅雅雄と決まっていた…。(理由は顔で。)かなり女っぽいイメージがあるのですごく不安です…。

でもそんなビリーより何より、気になっていたのがヴェルマ役!! 大好きなAll That Jazzを歌い踊る役。どんな配役よりもとにかくこの役!! ついに発表になりましたね!! 宝塚出身の和央ようか。私はこの人見たことないんですが、(いや、あるのかな…。それすら記憶にない…。)イメージは、ベルばら⇒フェルゼン⇒歌の人って感じなのです。踊れるんですか? この人。だれか教えてくださいー! だけどニュース記事に出ていた写真では、さすが元男役、ブロードウェイのキャストと遜色ないプロポーション。これで踊りがうまけりゃカッコ良さそう。

なんだか怖いもの見たさって感じで恐ろしい気もしますが、やっぱり見てみたい私です!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/95-c3528a3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。