上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスといえば紅茶。紅茶とくりゃーティールーム。

というわけで、今日はロンドンのティールームをご案内~。

ところがロンドンの街中には意外にティールームがありません。オックスフォードストリートにあるのは、スタバやプレタマンジェといったシアトルスタイルカフェばかり。

それもそのはず、イギリス人がお茶といえば、おうちでまったり、が普通なんですって。外でお紅茶なんてPosh(気取った金持ち)な人がすることらしい。というわけで私の行動範囲外であった西側にはわりとあるみたいです。

今回ご紹介するのは、そんな私でも知っていた、ガイドブックにものっているベタなティールーム。敷居が高そうだったので行ったことなかったのですが、両親がロンドンに来た時に連れて行きました!


The Orangery
The Orangeryは、ケンジントンガーデンの中にあります。故ダイアナ妃が住んでいたケンジントンパレスのすぐ近く。



芝生がチェック。

落ち着いた雰囲気の公園の中で、またひときわイングリッシュなお庭が出てきます。お向かいにはケンジントンパレスのガーデンも。私は「不思議の国のアリス」&紅茶好きなのでこういう雰囲気にめっぽー弱いです。芝生がチェック(…に見えませんか。)になってたり、整えられた植木なんかが、アリスに出てくる女王のガーデンを想像させます。



The Golden Afternoon

こんな天気のいい昼下がり、ほら、何か木の影から出てきそうでしょ…。



食いしん坊ばんざい。

でてくるのはリスだけですけどね!



お庭はさておき。お茶しに来たんですってば。


白いパラソルがまぶしい。

雰囲気ある建物に白いパラソル。もちろん晴れた日は外でお茶もいただけます。20年代のロングドレスを着たご婦人たちがおほほと笑っていても何ら違和感ないこの雰囲気。これが私をちょっとひるませたのだけど、(高そうだから)、これが意外にそうでもなかった。



真っ白なインテリア

中は横に細長い作り。ちょうどランチ時間で、お食事をしている人も。ちゃんとした食事メニューもあります。



Cream tea!

この後ミュージカルを見る予定で早めのディナーを取る予定だった私たちは、お昼だけどティーメニューで。(本当はアフタヌーンティーがよかったけど、3時からだったので断念。)

父はケーキか何かのセレクトセットを頼んだら、フィナンシェなどのお茶菓子のセットだったので、ちょっとがっかりしたみたい。フィナンシェはおいしかったです。(写真右上)
母はベリーのタルト。味はよかったけど、タルト生地がとーっても堅かった。ナイフで切ろうものなら、思わずガチャーンと音を立ててしまいそうなほど。
私は定番クリームティー。これがみんな意見一致で、一番おいしかった! 焼き立てスコーンに甘さ控えめのクロテッドクリームとジャム。今までいろんなとこでスコーン食べたけど、ここが一番おいしかった!



まどろむ午後…

おいしい紅茶とお茶菓子で、すっかりいい感じにまったりの私たち。イギリスに来た際は、ぜひこのティールームでイングリッシュな午後を過ごしてみては?


↓行ってみたくなったらクリック!
人気ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログへ


*london memo*

The Orangery
http://www.hrp.org.uk/KensingtonPalace/CafesAndRestaurants.aspx
Queens Way(Central Line)から徒歩
10:00~17:00(夏季は18時まで)
紅茶やコーヒーは£1.5から、スコーンは£2.95。アフタヌーンティーは午後3時から。セットは£11.95から、30ポンドを超えるものまで何種類かある。





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://themadjournal.blog121.fc2.com/tb.php/98-6fa6067d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。